横浜と川崎で企画 デザインから工事まで看板市場にお任せ下さい ご予算に応じて貴店をブランディング、ご提案します!

代表者の想い

  • HOME »
  • 代表者の想い

 

 私が 生まれた昭和42年、

父堀田洋一は英語教師を退職し、

癌で倒れた祖父の代わりに堀田看板店を継いだ。

教育の世界から職人の世界へ。

手先が器用ではなかった父は

筆で文字を描くという技術を積み重ね、

家族を守った。

 

 ペンキ 匂いがする家で育った私は、

幼少の頃、家が好きになれなかった。 

「ほっちゃんの家はペンキ屋さんだよね。」

「違うよ看板屋だよ。」

何が違うのかを説明はできなかったが

違うということを私は知っていた。

 

 ある日 堀田看板店は

街の中にある靴屋さんの看板を取り付けた。

その靴屋さんはいつもとは違う輝きを放ち、

その店を離れて見ると、

街までも輝いているように見えた。

いつもの靴屋さんを、短期間でガラりと変えてしまうその技は

幼い私にとって、まるで魔法使いのように思えたものだった。

 

 バブル 崩壊の1年前。

大学4年の私は漠然と企業に就職を考えていた。

ある日珍しく親父から声を掛けられた。

「今度うちもコンピューターを導入しようと思うんだが、おまえはどう思う?」

その当時で600万ほどの設備は

「失敗したら一家離散だね」と冗談を言いながらも、

何よりもうれしかったのが

親父が相談をしてくれた事だった。

「もし買ったら俺が覚えて使っていくよ」

この言葉は精一杯の喜びの表現だった。

「じゃ買うか」

親父はその機械を導入し、私は堀田看板店に入社した。

母を加えた3人で、その時代に合わせながら

有限会社堀田看板へ。

 

 その後 私が代表となり株式会社となったが、

「じゃ買うか」の一言が、

私の一歩目であったことは間違い無い。

あの時の「おまえはどう思う?」という親父の一言で、

自分の人生をこの仕事に捧げることになったのである。

あれから多くの時が流れ、

看板の力で縁が結ばれ、人が、店が、街が輝くことに貢献したいという想いから、 

「良縁広げ 人 街輝く モノ創り」という理念が生まれた。

しかしこの理念に辿り着けたのは、

子供の時にかけられた「看板屋魔法使いのあの魔法」がまだ解けていないのかもしれない。
 
 

★動画もぜひご覧ください。★

 
 
ホームに戻る

看板の新設相談 既存かんばん無料診断 とびちゅう君無料配布
シェアサイン
インスタグラム
看板市場の歴史 堀田看板は一人の男が松山から上京したところから始まった
交通事故防止 飛び出し注意くん
施工実例「看板ビフォーアフター」
看板市場では、今まで築いてきた実績をお客様からの視線で公正に評価して頂く為に、 第三者機関を通じてリサーチした【お客様の声】をまとめました。 どうかお読みになって下さい。
車輌マーキング専門 株式会社看板市場R&D
エイジングサイン 美しく汚す
漫画【看板物語】
横浜ビルボードガール 看板娘企画
エキップアサダ 〜私たちはツール・ド・フランスを目指しています〜
  • facebook
  • twitter

Map

 
PAGETOP
Copyright © 2022 看板市場〜創業昭和17年 横浜の看板屋 看板デザイン All Rights Reserved.