横浜と川崎で企画 デザインから工事まで看板市場にお任せ下さい ご予算に応じて貴店をブランディング、ご提案します!

看板市場哲学

  • HOME »
  • 看板市場哲学

 

私達が住む街には実に多くのお店や会社があり、

そしてその数だけ看板は存在します。

生活の目印になる看板から、その営みの歴史を感じさせる看板まで。

看板はその所有者の想いを伝える「顔」です。

 

にぎやかで美味しそうな雰囲気のお店の「顔」 ・・・・

洗練されたセンスを醸し出すブランドの「顔」 ・・・・

信頼や親しみで人を導いてくれる「顔」 ・・・・

そんな「顔」が集まれば

それは彩りとなり、その街の個性を生み出します。

 

私達は様々な業種のお客様と1社1社丁寧に向き合い、

お客様の見えにくい想いや魅力を引き出していく。

そして、お客様のビジネスがよりいっそう輝き、

そこで働く人や、街の人達の「輝き」を創りだしていくこと。

それが看板市場の念いなのです。

 

★創業の想い★

『良縁広げ  人  街輝く モノ創り』

★企業理念★

『一人ひとりが輝き、
いつでも笑顔に戻れる社会を実現します。』

★経営理念★

『新しい笑顔と感動を創造する』

〜役に立つ看板を創り、お客様と共に自己実現を目指します〜

★社訓★

「かん」がえる 【自分自身に向けて】

★素直な心を持ち、情熱的に主体性をもって考動します。

「ばん」ざいする【仲間に向けて】

★相手を尊重し、思いやり、互いを助け合うことで喜びを分かち合います。

「いち」ばんになる【お客様に向けて】

★誠実な対応で共感しあい、もっとも信頼された存在になります。

「ば」をつくる【社会に向けて】

★笑顔と感謝に溢れ、安心を生み出せる社会(場)づくりに貢献します。

★価値観★

【自分自身】★素直★主体性★情熱

【仲間】  尊重★思いやり★援助

【お客様】 誠実★信頼★共感

【社会】  感謝★安心★貢献

★行動指針★

素直・・・相手の考え方とは自分には無い考えだと受け止め、自己の足りなさを認め、反省し、そこから努力する謙虚な姿勢を持ちます。

主体性・・身の回りで起こる出来事は全て自分が源だと捉え、置かれた状況を判断し、自己の責任において目的を明確にし実行します。

情熱・・・目標に対し、自分の意思で「やる!」と決めて挑み、壁にぶつかってもやり続け、楽しくなるまで本気で取り組みます。

尊重・・・相手を見下すことなく、自分との違いを理解して多様性のある価値観を認め、どんな人とも平等な関係性を築き、敬い、大切にします。

思いやり・相手の心の喜怒哀楽、特に苦しさや悲しさを知り、それを受け止め、その心情を自分のことのように思う努力をし、寄り添います。

援助・・・困っている人を助けるのはもちろん、頑張っている人の応援や、身の回りでの親切など、自分は何が出来るかを考え、どんな小さなことでも自らの意思で実行します。

信頼・・・信頼されるためには、自らも周りのことを信じ、信用をコツコツと蓄積しながらて築き上げていこう。もし裏切られたとしても、それは自分が蓄積した以上の期待をし過ぎたのだと思います。

共感・・・相手の想いに対して全力で傾聴し、要約ができるほどに理解し、感情を汲み取り分かり合います。

感謝・・・現状を当たり前ではなく有り難いことだと捉え、どんな些細なことにでも「ありがとう」を伝えていき、「ありがとう」をもらえる人間になります。

安心・・・誤魔化しや中途半端など、後に不安になるようなことはせずに、未来も安心できるような行動を心掛けます。

貢献・・・周りの喜びを考えた時、自らが与えられることは何なのかを考えて、役立つ価値を創りだします。

 

看板の新規問合せフォーム データ入稿、その他はこちらから 飛出注意君
シェアサイン
インスタグラム
看板市場の歴史 堀田看板は一人の男が松山から上京したところから始まった
交通事故防止 飛び出し注意くん
施工実例「看板ビフォーアフター」
看板市場では、今まで築いてきた実績をお客様からの視線で公正に評価して頂く為に、 第三者機関を通じてリサーチした【お客様の声】をまとめました。 どうかお読みになって下さい。
車輌マーキング専門 株式会社看板市場R&D
エイジングサイン 美しく汚す
漫画【看板物語】
横浜ビルボードガール 看板娘企画
エキップアサダ 〜私たちはツール・ド・フランスを目指しています〜
  • facebook
  • twitter

Map

 
PAGETOP
Copyright © 2022 看板市場〜創業昭和17年 横浜の看板屋 看板デザイン All Rights Reserved.