そば天丸様が2号店をオープンしました。

tenmaru_open_0002

開業を実行に移す勇気

お店を開業させる事。それは簡単な事ではありません。
でも実行させた人だけが開業している(当たり前ですが)看板屋としてはまず
その勇気に敬意を払わなければいけません。

苦労の連続

初めてその場所に立った時、ここは良い場所だと思いましたが
何せ店舗は完全なスケルトン状態。
厨房や客席のレイアウト。
お客様、スタッフの動線を考えてレイアウトを興す。
オーナー様は本当に大変だった事だと思います。
看板の事は後回しにされるオーナーもいらっしゃいますが
そのお気持ち、良く判ります。
でもここのオーナー様は
看板やお店全体のビジュアル構成を全て任せて頂きました。
ここが良いお店を作り上げるポイントなのです。

現場の苦労

屋外作業なので、多少の雨ならともかく本降りは中止となります。
記録的な雨が続き、現場は思うように進まず、
中途半端な現場は当社のスタッフ、そしてオーナー様も
本当に不安だったと思います。
さらに現場では想定外のトラブルは付きもの。
でも安心して下さい。止まない雨はありませんから。

ついにオープンへ

オーナー様はこの日をどれだけ待ち遠しくしていたのでしょうか?
当社の社長とオーナー様は戦友?同士ということもあり、
オープン前に、現場掃除とのぼり旗設置を看板市場全員で行いました。
そして記念すべき開店一人目になろうと当社社長が並んでいると
新規のお客様が並んでいます。何と素晴らしい門出でしょうか。

tenmaru_171106_0018

tenmaru_171106_0003

当社の社長曰く

「今回のみならず、全てのお客様にこのような感謝の気持ちを

 伝える事が看板市場の役目なんだよな。今までしてこれなかったのは、

 今までのお客様に申し訳ない気持ちだよ」

当社ではこの社長の想いを社員たちが継続させていく事を決めました。

tenmaru_171106_0013

お店は見られている

真の戦いはこれからです。お客様の目はシビアです。味にも、待ち時間にも、些細な凡ミスも見逃してはくれません。そして看板もオープン=完成ではありません。のぼりの位置を変えただけでも売り上げを左右する事もあるのです。だから改善、改善、改善なのです。お店の看板は毎日進化するものなのです。

tenmaru_171106_0020

そば天丸2号店、お近くにお寄りの際は是非食べてみて下さい。田舎そばは必食です!

ビフォーアフターはこちら

そば天丸様本店はこちら

そば天丸様2号店はこちら

 

看板市場 対応エリア

横浜市
鶴見区 | 神奈川区 | 西区 | 中区 | 南区 | 港南区 | 保土ヶ谷区
旭区 | 磯子区 | 金沢区 | 港北区 | 緑区 | 青葉区 | 都筑区 | 戸塚区
栄区|泉区 | 瀬谷区

川崎市
川崎区 | 幸区 | 中原区 | 高津区 | 宮前区 | 多摩区 | 麻生区

大和市 | 相模原市 | 厚木市 | 綾瀬市 | 座間市 | 海老名市 | 平塚市
藤沢市 | 茅ヶ崎市 | 寒川町 | 伊勢原市| 秦野市 | 大磯町
鎌倉市 | 逗子市 | 葉山町 | 横須賀市 |三浦市

東京都エリア
23区全域 | 町田市 | 狛江市 | 多摩市 | 稲城市 | 府中市 | 調布市

営業時間:AM9:00~PM6:30
E-Mail:info@kanban-ichiba.co.jp