彼は何かを決心をした表情で、携帯電話の数字を不慣れな手つきで打った。

どうやら何かのお願い事をしているようだ。

「はい、今度の土曜日に現地で。よろしくお願いします。」

その会話の終わりに、ゆっくりと息を吸い

ゆっくりと息を吐き、電話を置くや否や

彼はロッカーにしまってあったボロボロの、

それは伝説でもあるつなぎを出し、

すぐさまにゴミ袋の奥に押し込めたのであった。

一体彼は何を決心したのか?彼が話していた電話の主は一体・・・・誰?

 

つづく(笑)