加賀美エリカ
平成9年7月生まれ 17才 沖縄県出身
1500通の応募の中から選ばれ、今回横浜の看板娘として初デビュー
父親は東京都出身で、彼女がまだ4歳の時に
父、母、弟と共に沖縄に引っ越してきた。
幼少の頃から、日常に音楽が溢れた生活で育ち
歌う事が、彼女の日常の中の一部となっている。
趣味は《映画鑑賞・クマのぬいぐるみ集め・イラスト描き・ケーキ作り》
好きなもの《透明な色の小物・たまご焼き・メロンジュース》
嫌いなもの《排気ガスの臭い・足がいっぱいある虫・いつも怒っている顔の人》
コメント
「はじめまして、加賀美エリカです。今回は看板娘に選ばれて、こんな形で横浜の皆さんと出会えることに
本当に感謝しています。まだ高校生ですが、卒業したら横浜に遊びに行きたいと思います。皆さん看板に会いに来てくださいね!」

……………………………………………………………………………………….

初音ミクの躍進は二次元の存在を変える程の[意外]を生み出している。
私は“ブラウン管”の中でアニメキャラの活躍を見て育った昭和40年代生まれである。
アニメキャラ達は、時には人間以上に人間であることを誇りに思い
時には、生身では不可能な技や発想を実現し、夢を与えてくれた。

今回の加賀美エリカは、クリエーターMr.SAWADAが看板市場の為に書き下ろした新作である。
私は彼と打ち合わせを重ねるごとに、加賀美エリカは実在しているのでは?と錯覚した。

アニメキャラ達を、まるで実在してるかのように扱った幼少時代
時代はブラウン管からモニターに変わり、二次元の表現も変わったが
今私は【加賀美エリカという女性にjpgという命を吹き込みたい】と真剣に思えるのである。
だからこそ私は、彼女を看板娘の第4弾に抜擢した。
そして私は、私は……………恥ずかしがらずこの文章をまじめに書いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.kanban-ichiba.co.jp/?p=311