今回、彼女が大型看板(ヨコ4m×タテ5m)に出演していただくにあたり、まずはプロのフリーカメラマン入船恭輔氏に多大なる協力を頂いた事に、この場を借りてお礼したい。入船恭輔氏が撮影した超高解像度の写真がどのように看板となるのか?メイキングをご覧ください。

綺麗に出力するために600MB以上のデータに画像処理を行い、プリンターのリップにデータを送り込みます。

印刷はスピードを速めると、画質が荒くなります。そこで最もキレイにプリントするモードで出力しました。口元がでていますが、1平米の面積で1時間半以上をかかっています。

 たっぷり時間をかけ、無事出力終了しましたが、インクをしっかり乾燥も考えないと、次の加工のミスや設置後のトラブルとなります。

最終チェック後、工事に引き渡します。さあ無事に施工が出来るでしょうか?

施工時間 約3時間 無事完了しました。皆様、是非一度実物を見に来てください!本人が来た時は撮影会でも、やれればいいな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.kanban-ichiba.co.jp/?p=238